看護師のピアスはヤバい!?新人看護師は必見のナース職場事情

看護師のピアスはヤバい!?新人看護師は必見のナース職場事情

看護師のピアスはOK?

看護師のピアスはOK?

まずはそもそも看護師ピアスをすることはOKなのでしょうか。

ピアスは多くの人が行っているおしゃれの1つ。

シンプルな一粒タイプから、フープ、2連、ぶら下がりなど、さまざまなデザインのピアスが存在します。

オン・オフ問わず常にピアスをつけている人も少なくはないでしょう。

しかし、看護師となると制服着用をしなければならず、整容面に関してほかの職業より厳しいイメージが強いですよね。

ピアスを開けていること自体認められないのではと考えるかもしれません。

勤務先によって異なる

結論を言えば、基本的には勤務する病院のルールによって可か不可は異なります。

ただし、勤務中につけなければ、ピアス穴が開いていること自体はOKな病院が多いでしょう。

勤務中は看護に集中できるような恰好を意識していても、プライベートではさまざまなおしゃれを楽しみたいものです。

ピアスはアクセサリーの中でもバリエーションが豊富。

ファッションのテイストに合わせていろいろなデザインをつけおしゃれする女性は少なくありません。

仕事とプライベートでメリハリをつけられれば、生活の充実感や仕事のモチベーションアップにも繋がります。

勤務する病院のルールを確認の上、ルールの範囲内で対応するのが良いでしょう。

新人看護師はピアスしていいの?

新人看護師はピアスしていいの?

新人看護師として働く際、新人としてどうするべきか悩むことが多々あるかもしれません。

例えばピアスに関して迷っている方もいるでしょう。

病院のルールで勤務中以外のピアス着用が認められているとしても、新人のうちは控えた方がいいのか、それとも自分の判断で決めてよいのか悩む方もいると思います。

個々でルールを守っていれば問題ないことは確かなのですが、職場にさまざまな人がいること、上下関係があることなどを考えると、ルールさえ守ればとは一概に言えません。

例えば、新人がピアスを開けていることに関し、職場の中には下記のように考える人もいるかもしれません。

まだ仕事を十分覚えていないうちからおしゃれにかまけるなんて、仕事に対する姿勢がなっていない

あるいは、新人でもベテランでも関係なく、ルールの範囲内なら好きにして差し支えないという自由な雰囲気の職場もあるでしょう。

見えにくい透明ピアスを先輩がしているからといって新人も真似したり、ピアス穴がOKだからといって何個も開けたり、好きに振る舞うとひんしゅくを買ってしまう可能性もあります。

男性看護師は特に注意

また、女性と比較すると、男性ピアスはそこまでポピュラーではありません。

そのため、男性看護師のピアスはチャラチャラしていると捉えられやすい可能性もあります。

ピアスに関しては、職場の雰囲気を考えながら慎重に判断した方が良いでしょう。

ピアスしていると就職に不利?

ピアスしていると就職に不利?

それでは、看護師への就職を目指して活動しているときに、ピアスをしていることは不利になるのでしょうか。

最初に結論を言うと、ピアスはしていなければしていないにこしたことはありません。

アパレルなど、ファッションに気を配ることも仕事のうちである職種はピアスをつけていればおしゃれさのアピールにもなるでしょう。

しかし、看護師はおしゃれさなどを求められる職種ではありません。

また、ピアス穴が開いていることすらNGという病院もなくはないので、就職先の選択肢を広げる意味では、ピアスは有益とは言い難いものがあります。

もうピアス穴が出来ている場合

ただし、ピアスをもう開けてしまいピアス穴ができている場合や、ファーストピアスを装着中で長時間の取り外しができないという場合も考えられます。

その場合は、ピアスやピアス穴をできる限り目立たなくする方法がおすすめです。

例えば肌の色に馴染むシールを貼ってピアス穴を隠す方法があります。

また、ファーストピアスを透明なものに変えて、目立たなくするのも1つです。

長期間ピアスをつけなければ、穴は目立たなくなるので、就活中はオフでもピアスをつけないなどの対策もできます。

なお、髪で耳を隠す方法は、顔周りがもたつき、清潔感なくみられたり、自信なさげな印象にみられたり、マイナスなイメージになる可能性があるため、おすすめできません。

ボディーピアスは目立たない

ボディーピアスは目立たない

どうしてもピアスを開けたいなら、ばれない場所に開けるのも1つの方法でしょう。

耳たぶに穴を開けるのは一般的にファッションピアス、そのほかの体の部位に開けるのはボディピアスと分類されます。

耳たぶは顔のすぐ横にあり、人の目につきやすいので目立ちますが、それ以外の部分に開ければ気付かれない可能性があります。

へそピアス

例えば、最もばれる可能性が低いのはおへそです。

おへそはボディピアスの場所としては非常にポピュラーです。

へそ出しの短いトップスなどを着ない限り、普段は服に隠れてしまうので、隠しておくのはさほど難しくありません。

軟骨ピアス

また、耳の軟骨部分は耳たぶよりは目立たない場所です。

いかつい印象を与えてしまう

ただし、ボディピアスはファッションピアスよりもいかつい印象がつきやすく、見つかると身構えられてしまう可能性があります。

ボディピアスの太さはg(ゲージ)と呼ばれ、複数の種類があります。

おへそや軟骨に開ける場合、一般的なのは14g。

ここからゲージを上げるごとにピアスが太くなり、穴も大きくなって目立ちやすくなるので注意が必要です。

また、普段は衣服に隠れる場所であっても、着替えのタイミングでほかの人に見られてばれてしまう可能性もあるので、こちらも気を付けましょう。

これからピアスを開けたい場合

ピアスしていると就職に不利?

これからピアスを開けるか迷うなら、さまざまなことを加味しながら判断するのが良いでしょう。

例えば就活を控えている場合、就活において不利にならないよう、ピアスやピアス穴を目立たなくする工夫は可能かを考える必要があります。

消毒は必須

また、ピアスは開けた後そのままにしておけばよいわけではなく、消毒などしっかり処置しなければなりません。

ピアス穴は化膿しやすい部分です。

しっかり処置しなければ、細菌が繁殖し感染リスクを上げてしまう可能性もあります。

衛生面に一際気を配らなければならない病院においてこれは致命的です。

ピアス穴OKの病院に勤務する場合でも、ピアス穴の衛生管理は十分意識しましょう。

ピアスで運命が変わる?

なお、ピアスは開ける位置や開ける場所によって運命が変わるとも言われています。

奇数のピアスが幸運を呼ぶという説もありますが、いくら奇数とは言え、あまりにも数が多いのは考えものです。

看護師として同僚や患者さんの信頼を得ながら働くには印象も大切。

いくつもピアスが開いていることで、周りの人になんとなく敬遠されてしまう可能性もあります。

同僚や患者さんと距離が開いてしまったら満足な仕事はできませんよね。

ピアス穴は多くても3つ以内にしておいた方が良いでしょう。

医療・福祉の転職なら「白衣の転職」にお任せ!

CTA-IMAGE 「求職者と採用者の双方が満足のいく転職をサポートしたい」をテーマにした転職サイト『白衣の転職』です。

下記のようなお悩みをお持ちではないですか?
・今までの経験を活かして活躍したい
・スキルアップできる環境で働きたい
・今よりも給料の高いところで働きたい
・私生活の変化に合わせて働き方を見直したい

『白衣の転職』では、採用担当者から直接ヒアリングすること得た、よりリアルな情報をお届けします。
入社後のアンマッチをなくし、満足のいく転職活動をサポートします!

コラムカテゴリの最新記事