看護マネジメントとは?看護マネジメントの定義、プロセスについて解説

看護マネジメントとは?看護マネジメントの定義、プロセスについて解説

看護マネジメントの定義とは?

看護マネジメントの定義とは?

看護マネジメントとは看護師個人の力だけでは不十分な看護の体制を、システムを利用することでより患者にとって利用しやすいものにすることです。

看護マネジメントの考え方

看護師一人一人が好き勝手に行動しても、効率的な看護体制を整えることができなくなります。

看護マネジメントの考え方をわかりやすく説明すると、看護師が協力して看護の仕事をおこなうことにより、高度な看護管理を実現できるようになるということです。

グループマネジメント

高度な看護管理を実現するために、看護マネジメントではグループマネジメントという考えを重視しています。

グループマネジメントは、看護師の中でも他の看護師に対し指導的な役割を果たしている看護師に必要な能力です。

リーダーの高いマネジメント能力により、グループのメンバーが協力して一つの目標に向かって行動することで、より質の高い看護サービスの提供が可能になります。

看護師長が中心となることが多い

グループマネジメントにおいて重要な役割を果たしているのがリーダーの管理能力ですが、看護の現場では看護師長がグループの中心的な役割を果たすことが多いです。

看護師長が、部下の看護師に働きやすいよう適切な指示を与えるとともに、仕事の評価を正確におこなうことで、改善のためのポイントを研究することが可能になります。

計画の立案などもリーダーに任された重要な仕事です。

看護マネジメントのあり方とは?

看護マネジメントのあり方とは?

看護マネジメントのあり方をわかりやすく説明すると、リーダーシップヒトモノカネという言葉に集約することができます。

看護マネジメントにおいては、マネジメントを担当する人物のリーダーシップが、組織の運営に大きな影響を与えています。

理想は快適な環境を作ること

看護マネジメントのあり方として理想的なのは、看護の仕事をする看護師にとっても、看護を受ける患者にとっても、快適な環境を作るためのマネジメントです。

理想的なリーダーのあり方

そのためには、グループマネジメントにおけるリーダーの役割が特に重要になります。

看護マネジメントにおいて理想的なリーダーのあり方は、看護師が自発的に仕事に取り組むことができるような環境を整えることです。

リーダーとして看護師に必要な指示を与えるだけでは不十分です。

明確なビジョンを持って、より良い看護施設の運営のために必要な指導をおこなうことで、指導を受ける看護師の協力を得ることができます。

人や物の配置なども重要な要素

看護マネジメントでは、その一方でヒトモノカネという要素も重要視されますが、効率的な看護組織を運営するためには人の配置や物の配置なども重要な要素になります。

そのために必要な資金の計画も、慎重な立案が必要になり、全ての要素を総合的に把握することで、より高度なマネジメントが実現できます。

看護マネジメントのプロセスとは?

看護マネジメントのプロセスとは?

看護マネジメントでは、マネジメントにおける各プロセスが重要なポイントになります。

看護マネジメントのプロセスとして一般的なのが、計画化と組織化です。

看護施設の運営に必要な計画を事前に立案することで、必要となる組織の形態も決まっていきます。

組織のあり方を決定していくことができる

これらのプロセスを一つ一つ時間をかけておこなっていくことは非常に重要なことです

計画の立案プロセスを詳細におこなうことにより、看護施設の運営に必要となる組織のあり方も、より具体的に決定していくことができます。

看護マネジメントでは人事化のプロセスも重要な要素になりますが、計画によって編成された組織に必要な人員を割り当てていくことで、実際の看護施設の運営をおこなっていきます。

指揮のプロセスとは

看護マネジメントでは指揮のプロセスも、看護施設の運営に大きな影響を与える要素になります。

実際に看護師によって仕事がおこなわれる中で、看護師が働きやすいように適切な指揮をおこなうことにより、効率的な施設の運営が可能になります。

看護管理過程とは

看護マネジメントのプロセスは看護管理過程にも応用できますが、看護管理過程とは看護施設を管理するために必要なプロセスのことです。

情報の収集や立案なども看護管理過程には含まれています。

有名な看護管理学の研究者であるギリーズは、看護管理におけるシステムの重要性を指摘しましたが、看護管理士システムなどもこのような考え方に基づくものです。

看護マネジメントの例とは?

看護マネジメントの例とは?

看護マネジメントの定義プロセスで説明されたことは実際の看護の現場でも活かされています。

看護師長のグループマネジメント

看護マネジメントの実例としてあげられるのが、看護師長のグループマネジメントの仕事です。

グループマネジメントにより看護の現場をより質の高いものにするためには、看護師長の強いリーダーシップが求められています。

親密なコミュニケーション

グループのリーダーとして看護師長がおこなってる具体的な例としてあげられるのが、組織の成員である看護師の向上心を引き出すことができるようなアドバイスです。

どれだけ看護師長が指導をしても、指導を受ける看護師に熱意がなければマネジメントの効果を実現することが難しくなります。

しかし、多くの看護師長は部下の看護師と普段から親密なコミュニケーションを取ることで、指導の効果をあげています。

中間管理職のような看護師を育てる

看護師と看護師長の間を取りもつ、中間管理職のような看護師を育てることも、グループマネジメントとして看護師長が実際におこなっている具体例です。

前途のように、看護師長は部下の看護師と親密なコミュニケーションを取る必要があります。

しかし、指導を受ける若い看護師と看護師長の年齢が離れている場合、十分なコミュニケーションがとれない場合もあります。

その場合、中間管理職のような看護師が両者の間に入って、グループ内の組織作りができるようなスタッフを育てることで、より質の高い看護マネジメントが実現しています。

看護マネジメントの実習内容は?

看護マネジメントの実習内容は?

看護マネジメントに関する教育をおこなっている大学などでは、学生により実践的なマネジメントの知識を学んでもらえるように、実習も授業の一環として取り入れています。

実習の目標

看護マネジメントの実習では、実際の病院においてどのように看護マネジメントがおこなわれているかを、学生が正確に理解できるようにすることを目標にしています。

実習は大規模な医療施設などでおこなわれることが多いですが、病院経営でどのように看護マネジメントが活用されているのかを、学生は実体験として学ぶことができます。

管理職の看護師が指導を担当する

実習がおこなわれる病院では、実習をおこなう学生に対して病院の関係者などが学生の指導を担当します。

看護師長などの管理職の看護師が学生の指導を担当することも多いです。

看護の現場で働いている人の生の声を聞くことで、学生もより身近なものとして看護マネジメントを学ぶことができます。

指導者と一日中行動をともにする

実習では、学生が指導を担当する看護師長などと一日中一緒に行動を共にします。

そうすることで、実際に看護の現場で看護マネジメントが活用されている方法を、自分の目で学びながら確認することができます。

指導者の行動を観察するだけでなく、指導者から適宜指導を受けることで、看護マネジメントの運用がより深く理解できるようになっています。

医療・福祉の転職なら「白衣の転職」にお任せ!

CTA-IMAGE 「求職者と採用者の双方が満足のいく転職をサポートしたい」をテーマにした転職サイト『白衣の転職』です。

下記のようなお悩みをお持ちではないですか?
・今までの経験を活かして活躍したい
・スキルアップできる環境で働きたい
・今よりも給料の高いところで働きたい
・私生活の変化に合わせて働き方を見直したい

『白衣の転職』では、採用担当者から直接ヒアリングすること得た、よりリアルな情報をお届けします。
入社後のアンマッチをなくし、満足のいく転職活動をサポートします!

スキルアップカテゴリの最新記事